楽天Edyはスーパーの買い物でお得?使って見えたメリットとデメリット

節約

政府によるキャッシュレス消費者還元事業の推進により、「現金ではなくキャッシュレスの方がお得かも?」と気になり始めた方も多いのではないでしょうか。

キャッシュレスの支払い方法には、クレジットカードをはじめとして様々な方法がありますが、今回は「楽天Edy」という支払い方法についてのお話です。近所のスーパーやコンビニなどで、下のようなロゴを見たことがあるかもしれませんね。

私は以前「楽天Edyはポイントが付くし、楽だよ!」と知人に教えられて楽天Edyのカードを作って今でも使っていますが、いろいろなメリットやデメリットが見えてきました

よく私が使うスーパーマーケットの例をもとに、「本当にお得で便利なのか?」について、深掘りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天Edyって何なの?

楽天Edyって何なの?スーパーなんかでよく勧められるけど・・・

楽天Edyとは、前払い式の「電子マネー」です!

現金が必要ないので、レジがスピーディで便利なカード(アプリ)です。

楽天Edyは、前もって専用のEdyカード(又は専用アプリやオサイフケータイ)にお金をチャージ(入金)して使う、電子マネーです。

もちろん楽天Edyも「キャッシュレス支払い」になるので、キャッシュレス消費者還元事業の対象となります。

お買い物が楽になる

近所のお買い物の際、こういうときってありませんか?

  • 細かいお金を出すのに時間がかかる
  • ジョギングやちょっとしたお出かけに、財布を持ち歩きたくない
  • お買い物前にわざわざ銀行に寄って、混んでいるATMに並ばないといけない

楽天Edyを使えば、現金をチャージしたカード(又はアプリ)をレジで出すだけなので、わざわざ財布の中の小銭を取り出す必要がなく、スピーディに会計を完了することができます

お金がチャージされたEdyカード又は専用アプリさえ持っていれば、財布を持ち歩かなくても商品が買えます。

また楽天Edyなら、カード内の残高が少なくなってもお店や近くのコンビニでチャージができます

ポイントがもらえて、使える

全国約66万(2019年現在)ある「楽天Edy加盟店」で、楽天Edyを使ってお買い物をすると、「楽天スーパーポイント」が貯められます。(ポイント取得には登録が必要です)

貯められるポイントは、お買い上げ200円につき1ポイント。0.5%の還元です。

さらに「ポイントプラス加盟店」ではポイントが2倍(200円で2ポイント)になります。

貯まったポイントは1ポイント1円として、楽天Edy加盟店にて使用することができます。

楽天Edyの種類

楽天Edyは、次の3種類の方法で使うことができます。

  1. Edyカード(クレジット機能なし)を購入(有料/税込み330円)
  2. Edy機能付き「楽天カード(クレジットカード)」を申し込む(無料。オススメ)
  3. オサイフケータイにアプリをダウンロードする(無料)

私は楽天スーパーポイントを効率よく貯めたいため、2の「楽天カード」を使っています。(楽天カードについては、後で説明しますね。)

実際に使ってみてどうなの?

ここまで、楽天Edyの基本的な機能やメリットについて見てきました。

ところで、メリットばかりでデメリットはないのでしょうか?「そんなウマい話には乗らないゾ」という方に、よくある質問をQ&Aで見ていきましょう。

残高が残っている楽天Edyカードを失くしちゃったんだけど、補償してくれるの?

残念ですが、補償はありません

チャージし忘れて楽天Edyの残高が足りないんだけど

残高が足りない分の差額は、現金又は他のEdyで支払うことができます(一部店舗を除きます)

もう楽天Edyやめようかしら。Edyの残高は換金してくれるわよね?

楽天Edyは換金できません。使い切ってからやめましょう。

お会計が150円なんだけど、ポイントが付いていないわ・・・

楽天Edyは200円未満の金額は切り捨てになりポイントが付きません

楽天市場(インターネットショッピング)で貯めた「楽天スーパーポイント」を、楽天Edyに交換できるのかしら?

はい。「楽天市場」だけでなく、様々な楽天のサービスで貯めた「楽天スーパーポイント」は、楽天Edyに交換して使うことができます(期間限定ポイントを除く)。

そもそもクレジットカードと何が違うの?

簡単に言うと、クレジットカードは「後払い」なので、後日指定の口座から引き落としされます。

楽天Edyは現金と同じ「その場での支払い」です。現金を楽天Edyにチャージ(入金)しておくことで、残高の範囲内で使うことができます。

このように、実際に使ってみると、メリット以外にも様々なデメリットが見えてきましたね。

ここで、楽天Edyのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

楽天Edyのメリットとデメリットまとめ

メリットデメリット
お会計がスムーズになるわざわざチャージ(入金)しなければならない
財布を持ち歩かなくてもいい紛失や盗難の際の補償が一切ない
楽天スーパーポイントが付く200円未満はポイントが切り捨て
楽天スーパーポイントを貯められる店舗が多い楽天スーパーポイントの登録が面倒

いかがでしょう?確かにポイントがもらえるというメリットは非常に大きいですが、入金の手間やポイント登録の手続きの煩雑さを考えると、ためらう人もいるかもしれませんね。

私はポイントを効率的に貯めたいため「楽天カード」を使っています。

しかし、こういったデメリットはあるものの、やはり楽天Edyでもらえるポイントは魅力ですよね。

特に私はインターネットショッピングである「楽天市場」を頻繁に利用しているため、楽天市場でも楽天Edyでも「楽天スーパーポイント」が貯まるというメリットは捨てがたいです。

ぶっちゃけ言いますが、私はあまりEdyカード(クレジット機能なし)やオサイフケータイはおすすめしません。

なぜかというと、まずEdyカードは有料だということ。基本デザインは300円ほどしますし、特別なカッコいいデザイン性のあるものだと500円以上するものもあります。

300円分のポイントを貯めようと思ったら、0.5%の計算ですと6万円も買い物しなくちゃいけないんですよ。これじゃ元を取るのにめちゃくちゃ時間がかかってしまいます。そりゃ毎日コンビニやスーパーで楽天Edyオンリーでガンガン使いまくればいいですけど・・・。

それにオサイフケータイは、スマホの充電が切れてたら最悪です。一度これで痛い目に合いました(笑)。

そこで、私が愛用しているのが「Edy機能付き楽天カード」(クレジットカード)です。

私は、次のような使い方をして楽天スーパーポイントをガンガン貯めています。

  1. 楽天市場での買い物でポイントを貯める
  2. 楽天Edy加盟店ではEdyを使ってポイントを貯める
  3. 街のお店ではクレジット払いでポイントを貯める
  4. Edyへのチャージでポイントを貯める

ポイントを貯めるなら「楽天カード」が最強!

キャッシュレス決済

楽天カードは、楽天Edyの機能が付いている、クレジットカードです。

正直言って、楽天Edyだけではもったいないです。楽天Edyは楽天カードと一緒に使ってこそ本領発揮をすると自覚しているからです。

なぜかと言うと、楽天の様々なサービスで楽天カードを使うと「楽天スーパーポイント」が貯まるほか、「楽天スーパーポイント」を「楽天Edy」に交換して使うことができるからです。そして交換した「楽天Edy」で買い物をすれば、それでも「楽天スーパーポイント」が貯まるという「連鎖」が生まれるからです。

インターネットショッピング「楽天市場」でポイントが貯まる・使える

「楽天市場」とは、楽天が展開する国内最大級のインターネットショッピングです。大型家電やスポーツ用品、食品にいたるまで、何でも揃っているので、私も常日頃から愛用しています。

楽天市場のお買い物で「楽天カード」を使って支払いをするだけで、楽天スーパーポイントが100円につき2ポイント(2%)貯まります。

さらに定期・不定期でポイントアップキャンペーンが開催されていて、ポイント還元率が10%を越える日も。年に数回ある「楽天スーパーセール」なんか始まった日には、とんでもないポイント還元率にもなっちゃいます。

楽天Edyでの支払いでもポイントが貯められる

クレジットカードは使えないけど、楽天Edyは使えますっていうお店では、満を持して楽天Edyの出番。ここでもちゃっかりとポイントを稼げます。

入会金無料。年会費もずっと無料

私は元が取れないような年会費や入会金を請求するようなカードは絶対に持ちません。

楽天カードは、そんな年会費や入会金は一切かかりません。

年会費永年無料の楽天カード 

街のお店ではクレジット払いでポイントをゲット

街のお店でも、楽天カードを使ってクレジット払いをするだけで、100円につき1ポイント(1%)のポイントがもらえます。

街のお店の中でも、「楽天ポイント優待店舗」でお買い物をすると、さらにポイントが貯まります。

ポイントを「二重取り」できるおいしさも

楽天カードに楽天ポイントカード機能を付ければ、ポイントカードの提示だけで1ポイント、クレジットカードの支払いで1ポイントと、ポイントを「二重取り」することも可能です。

楽天カード→楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる

楽天カードから楽天Edyへお金をチャージすることもできます。その際は、200円のチャージごとに1ポイントもらえます。

わざわざチャージをしにお店に行く必要がありません。

入会&利用だけで5000ポイントもらえる

楽天カードは、入会するだけで2000ポイントがもらえます。

さらに、カード申し込みの翌月末までに1円でもカード払いをすると、さらに3000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

楽天カード新規入会キャンペーン 

【追記】

正直言って、私的に楽天カードを使わないのは【絶対に損】です。セールストークでも何でもなく、本当に楽天カードはお得だと思っています。

つい数年前まで私はクレジット払いが大嫌いな「超現金派」でしたが、クレジット払いを始めてからは現金払いの「もったいなさ」を痛感しています。

今、銀行にお金を預金していくらの金利が付きますか?預金残高がウン百万あっても、30円とかですよ。どこの銀行も、普通預金の金利は0.001%程度です(2019年11月現在)。

そんな超低金利の銀行のATMにわざわざ並んでお金をおろし、現金で支払うなんて、今じゃ考えられません。だって、クレジットカードで払うだけで1%の金利がもらえるんですもの。銀行の金利の1000倍ですよ!?楽天カードが1700万人の人に選ばれている理由がわかります。

最近はスーパーやコンビニでもクレジットカードが使えるお店が多くなりました。楽天市場などのインターネットショッピングも、送料無料や「あすつく」などの即配サービスが増えていて、超便利な時代です。

楽天カードは審査も緩めで、主婦や学生の方でも気軽に申し込めるので、私のように「お得なポイント生活」を送りたいなら、心から楽天カードをおすすめします。

 

年会費永年無料の楽天カード 

コメント

タイトルとURLをコピーしました